彼女が面倒という話はよく聞きます。

  • 「交際そのものが面倒で別れたい」
  • 「かまって発言が多くてウザい」
  • 「感情的すぎてまともな話し合いができない」

そう思っている男性は予想以上に多いですね。

でも、男の本質的な弱味として「性欲の解消(セックス)が気軽にできないと困る」というものもあるわけなんですよね。

彼女が面倒

では、面倒くさい彼女に使うメンテナンスコストを抑えつつ、都合よくセックスできる関係を維持するには、どういう判断を下していけばよいのか?

彼女が面倒くさい(ウザい、納得がいない、など)パターン

色々なニュース記事や掲示板などで、「彼女が面倒」「ココが納得いかない」などの発言をまとめてみました。

  • 送り迎えをしなきゃならない
  • 買い物に付き合うのは面倒
  • 彼女の機嫌が無意味にコロコロ変わる
  • すねる、泣く、いじける
  • 愚痴が多い
  • つまらない話を延々とべらべらしゃべる
  • 自己陶酔、悲劇のヒロインぶるのウザすぎ
  • 「察してよ」の空気。男はエスパーじゃない
  • 「私のこと好き?」とか聞いてくる
  • すぐ浮気を疑ってくる
  • 自分で面倒くさい性格と自覚してても直す気がない
  • 毎日のようにメール・LINE、電話をしなきゃならない。正直、苦痛
  • おごるのが当然とかふざけんな
  • 男は種をまく側なのに一人の女に限定しなきゃいけないのはおかしい
  • 男女平等とか言って、女の権利が主張されてるだけ

様々な理由で「彼女が面倒」と思っている男性がいますね。とても分かります。

ただ、こんなに面倒くさい理由はたくさんあるのに、何故付き合ってるかというと、それはたった一つ「セックス相手がいないと困る」からですね。

ストレートに言うと、性欲のはけ口がいない状態は嫌なわけです。

男性なら理解できますよね。そこで、さらに掘り下げてみましょう。

  1. その面倒な彼女にこだわる意味はあるのか?
  2. 男にとって、「性欲」というのは、ある種の「弱味」です
  3. 恋愛は男性にとっての不平等条約
  4. 彼女が面倒なら、キープしたまま他の女を作るか、別れるか

その面倒な彼女にこだわる意味はあるのか?

当ブログはセフレの作り方のサイトなので、面倒な彼女と長く付き合うことなんて当たり前のように推奨しません。^^;

面倒だと思ったまま付き合っていてもメリットがないというか、いずれその鬱憤が積み重なって別れるでしょう。結婚なんかした日には離婚秒読みです。そんなカップルは何組も見てます。

⇒セックス目的で彼女を作るならセフレを作った方が断然良い!

男にとって、「性欲」というのは、ある種の「弱味」です

性欲があるから面倒な彼女とも別れられないというのは、弱味を握られているような状況に近いかと思います。

性欲があって、それを解消したいからこそ、女性に優しくしたり、女性のわがままを聞いたりするわけですよね。

それが、ただの女友達だったら、そんな面倒な対応はしなくて済みますが、恋人という契約を結んで「彼女」へと昇格した瞬間から、どんどん要望が多くなってくるものです。

「どうして……してくれないの?」みたいな。うっぜー。

それだったら、男性側としても、こちらがしたいマニアックなセックスの要望なんかも受け入れてもらえないとおかしいですよね。

恋愛は男性にとっての不平等条約

少なくとも日本における恋愛の形態(恋人という契約)は、男性が結ばされる不平等条約です。

女性の恋愛に関する理想や要望は果てしない数があり、それをたくさん叶えてもらうというメリットがありながらも、男性のメリッはただ一つ、セックスができるというだけのもの。

男性側からコクってる場合などは、特に不平等な関係になりがちですね。

彼女が面倒なら、キープしたまま他の女を作るか、別れるか

「セックス相手を確保しておく」というのは、転職にも似ています。仕事を辞めてから転職先を探すのか、働きながら探すのか。

性欲関連においても、別れてから新しい女を探すのか、乗り換え肉便器を予め用意しておくか。まぁ個人的にはどっちでもいいとは思います。

どちらにしても、「彼女が面倒」という思いを抱えながら付き合っていっても、未来はないので時間が無駄になるだけです。

セックス相手(セフレ)を作ること自体は、そこまで難しいことでもないので、「彼女が面倒くさくて別れたいけど、性欲解消の相手は欲しい」という素直な男性は、そろそろ新鮮な相手との初回セックスを求めてみても良いんじゃないでしょうか。

1日15分の出会い系サイトでセフレの作り方を極める – セフレペスカ