金や学歴目当てのクソ女に痛い目を見せてやりたい!

なんて話を聞いたことがあります。。

婚活で収入年収婚活マーケットでは、不況がなんやかんやと言いながらも、女性達はやっぱり結婚に対する重要な条件として学歴や収入(年収)をチェックするようですが、それを逆手にとってエロく賢い男達は上手にヤリ逃げをするという。。。

男は女にとってATM?

婚活にかかわらず、「年収なんて気にしないよ」と言ってる女でも、年収を気にしてることはほぼ100%間違いありません。

女の立場に立って考えてみてください。旦那の収入で自分の今後50年間の生活の快適さが変わるんですよ?年収が高い男がいいに決まってるじゃないですか。

とてもシンプルな事実です。女は男を寄生するためのATMだと認識しているというのはあります。

年収や学歴を詐称して婚活女をセフレにする

男としては、そんな金目当ての調子こいた思考してる女を痛い目に合わせてやろうって考える方もいます。というか、まぁただの性欲発散ですが。

具体的にどうするかというと、婚活系のサービスを利用して、年収や学歴を詐称して出会いを作るんですね。そうすると婚活女を釣りやすくなるので、理想の結婚相手を演じつつヤってしまうという。

この場合、セフレ化というよりはヤり逃げが基本ですね。私もヤッたことはあります。ただし、

婚活サービスの出会いは若い女が少ない(30以上が基本)

婚活サービスといってもたくさんあります。

  • 結婚相談所
  • ネット婚活サイト
  • お見合いパーティ
  • 婚活バスツアー

私が利用したのはネット婚活サイトですが、正直、若い女が全然いません。

女子大生と知り合いになってから攻略する4つのコツ!」でも書いてるとおり、セフレ作りならば、どう考えてもババアより女子大生や20代前半の方がいいです。

ですが、婚活サイトに登録してる女は、すでに若い婚期を逃して焦っている30代とか40代なのです。20代前半だったら、まだ余裕があるので、相当結婚願望が強い女じゃない限りは婚活サイトなんて利用しません。

なので、30代以上のババアとのSEXがしたいという方を除いてはオススメできません。

婚活サイトと出会い系の違い

プロフィール作成の時点で、婚活サイトと出会い系では違いがあります。婚活サイトの場合、

  • 年収
  • 学歴
  • 結婚相手に望むこと
  • 家族構成

といったような、結婚後の生活に関連する内容がプロフィールに盛り込まれています。

一方、出会い系では、もっと軽いものですね。結婚というよりは、恋愛に関する系です。SNS的な要素もあるので、それの出会いに特化した版みたいなものが多いですね。

まとめ

  • 30代、40代以上の女とセックスしたい
  • ステータスに自信がある
  • 一人の女とは一回のSEXでいい(ヤり捨てたい)

という方は、婚活サイトを利用して性欲解放にチャレンジしてみてもよいかと思います。一方

  • 女子大生や20代前半の女とセックスしたい
  • ステータスが関係しない土俵で勝負したい
  • 継続的なセフレ関係が欲しい

という方は、出会い系で女を探す方がよいでしょう。

 

1日15分の出会い系サイトでセフレの作り方を極める – セフレペスカ