• 彼氏や旦那とはセックスの相性が合わない、あるいはセックスレスだから別にセフレを作りたい
  • 次の彼氏までのつなぎとしてセフレが欲しい
  • セックスでオーガズムの快楽を追求したい
  • 処女を捨てたい
  • もっと色々な男性とセックスしてみたい
  • ヤバイあたし性欲が強いのかもしれない

今は女性でもセフレを作るのが普通の時代になってきました。

雑誌やネットの女性向け恋愛記事でも、色々なところに「セフレ」という文字が登場するくらいです。

では、そんなセフレに関心がある女子やセフレを欲しいと思っている女性は、どう行動すればよいのでしょうか?

  • セフレがいてお得なこと
  • 注意点
  • 出会いの探し方

などなど、全てお伝えしていきます。

女の子でもセフレ欲しい

女がセフレを作る5つのメリット

①自分よりランクが上のイケメン or 若い男とセフレになれる

イケメンのセフレ

世の中には、

  • ブサメンと美人のカップル
  • ブスとイケメンのカップル

というものも存在しますが、ほとんどの恋人達や夫婦は、似たようなレベルの者同士でくっついています。

しかし、セフレ関係となると話は別です。

恋愛の世界だと、男は「若くて見た目が可愛い女と付き合いたい」と思っていて「自分のレベル以下の女とは付き合わない」というふうに、妥協しない男が多いです。

けど、求める関係がセフレとなると、男の判断基準は一気に変わります。

女性には想像しずらいかもしれませんが、男にとってのセックス(射精)とは、食事と同じようなものであり、健全な男子であれば「いつでも女の子とセックスしたい」と思っているのです。

求める関係が恋愛関係ではなくセフレ関係ならば、極端な話「誰でもいい」んですね。

多くの男性が風俗でハズレを引きながらも、なんだかんだいって最後までヤっているという事実が全てを物語っています。

だから、

あなたがもしブスやデブだとしてもイケメンのセフレになれますし、あなたがもし40代のおばちゃんだとしても20代の若い男子のセフレが作れます。

つまり、「恋愛の世界」では絶対に手が届かないような価値が高い男性でも、「セフレの世界」であれば簡単に手が届くということです。

②自分でも未知な「性癖」「性感帯」を開発できる

セフレを作ろうと思ってる女子ならば、少なくとも「性」「快楽」に対する興味は普通より強いでしょう。

本来、彼氏や旦那であれば、恥ずかしくて要求できないようなことでも、セフレが相手であればあっさりお願いすることもできます。

そうすれば、あなたにとってはまだ未知の

  • 性癖
  • 性感帯

が開発され、より好奇心を強くしてセックスを楽しめるはずです。

特に、女性のオーガズム(イク)は男性よりも種類が豊富ですので、あらゆる快楽を知り尽くすくらいの欲望を持ってもいいと思います。

③セックスをする「男友達」としての関係を楽しめる

セックスをする「男友達」

セフレというと、ドライな肉体関係だけというイメージを持ってる人もいると思いますが、別にそんなことはありません。

中にはそういうセフレ関係の男女もいますが、通常は軽くデートチックなこともしたり、一緒に飲みに行ったりもします。

ちょっと話がそれますが質問です。あなたは「男友達」がいますか?

男友達がいたとして、その男とまだセックスをしていないならば、男側はあなたのことを性の対象として見ています。

男側からしたら「あわよくばヤりたい」と思っているので、そのために一歩踏み込んだ会話ができなかったりもします。

つまり、本当の意味での友達にはなれていないということです。

これが、セフレ関係であるならば、一緒に遊んだりしながら本音で腹を割って会話を楽しむことができますし、ぶっちゃけた相談などもしやすい関係になれます。

まさに言葉のとおり、セックスフレンド(セックスをする友達)ですね。

④彼氏(旦那)との関係が良好になる

「浮気、不倫をすることで、かえって恋人関係(家庭関係)がよくなった」という話を聞いたことはないでしょうか?

これはどういうことかというと、普段は満たされていない部分を浮気相手で満たすことによってスッキリ感が生まれるという説と、罪悪感がそうさせるという説があります。

もし今、あなたに彼氏や旦那がいたとして「別れる気がないけど他の男で発散したい」という気持ちが少しでもあるならば、正規のパートナーとは別のパートナーを作ることを検討してみてもいいかもしれません。

⑤求められることで承認欲求が満たされる

求められることで承認欲求が満たされる

女性であれば短い時間だとしても、

  • 求められる喜び
  • 必要とされる嬉しさ

という感情がありますよね。つきなみな言い方ですが「生きてる実感が味わえる瞬間」というやつです。

セックスレスだったりしたら尚更でしょう。

セフレの男は、言うまでもなくあなたの体を求めてきますので、オンナとしての魅力を肯定された気持ちになれますし、承認欲求が満たされるのは間違いありません。

女がセフレを作る2つのデメリット

女性がセフレを作るうえでの良い点を挙げましたが、注意点もありますので知っておきましょう。

①妊娠のリスク(必ず避妊しましょう)

まず妊娠のリスクですね。女性の中には

  • 「ナマでいいよ」
  • 「ナマの方が気持ちいいし」

なんて言う人もいますが、それだけはやめておいた方がよいでしょう。

ゴムをつけるという単純なことでほぼ100%避妊できますし、たいていの性病も予防できます。相手の男性には絶対にコンドームを装着させましょう。

男性があなたのことをセフレとして認識しているのなら、万が一妊娠した場合、ほぼ間違いなく責任は取ってもらえません。

妊娠してしまったら、悲しい思いをして肉体的にも精神的にもダメージを受けることになりますので、気を付けてくださいね。

②同じコミュニティ内の男に手を出すと悪い噂が一気に広まる

同じコミュニティ内の男に手を出すと悪い噂が一気に広まる

女性がセフレを探す場所については後述しますが、同じコミュニティ内の男性とセフレ関係になるのは推奨しません。

同じコミュニティというのは、

  • 職場
  • サークル
  • 同じオフ会などの仲間

などですね。

こういった、よく会うようなグループの人達の中からセフレを作ると、様々な面で不都合が生まれます。

男性の場合、セフレを作ったということをネタにして友人に話せますし、「あいつはヤリチンだ」などと言われても特にダメージはありません。

しかし女性の場合、セフレの存在が同じコミュニティ内の仲間にバレると

  • 「淫乱だ」
  • 「ビッチだ」
  • 「ヤリマンだ」
  • 「あの人妻、結構すぐ股開くぞw」

などと噂をされ、確実にマイナスイメージを持たれ、傷つくことにつながります。

「セフレ関係は絶対に二人だけの秘密ね」なんて話し合ったとしても、そんなのは100%嘘ですし、女性が仲の良い女性に秘密を話すように、男だってそうします。

むしろ、男の方が「ヤッた」ということを自慢する(ネタにして平気で友人に話す)傾向があるため、あなたはバレていないつもりでも、同じコミュニティの他の男にも「尻の軽い女」と認識されるでしょう。

過去から現在に至るまでで、私が参加したオフ会やTwitterのクラスタなどでは「誰が誰を食った」などの話は男同士の中で一瞬で広がっているという事実があります。

そうして、悪い噂は広まっていきますので、同じコミュニティ内の男性をセフレにするのは推奨しません。

ちなみに、仮にセックスをしていなかったとしても「誰と誰が二人で会った」などの情報も結構すぐに広まります。

そうなると、あなたが彼氏や旦那持ちである場合、あなたの女性としてのイメージは完全に失墜します。

補足:誠実で紳士そうに見える男性も男同士の飲み会ではクズだったりします

私が今までに様々な女性と会話をしてきた限り「紳士そうな男」「口が堅そうな男」というイメージを持たれてる男性を、そのイメージどおりのまま信じてしまっている女性は意外なほど多いです。

男は女の表面的な部分をそのまま真に受けない人が多いですが、女性は男の表面的なキャラを信じてしまってる人が多いということです。

つまり、女性からしてみれば「え?あの優しくて紳士的な彼が男同士の飲み会だとそんなに下品なことばっか言ってるなんて!」ってことです。

どんな男のキンタマにも精子は毎日のようにたまっていくという、ただの当たり前の事実ですね。

女性が男のオモテの顔を信用してしまうのは、もしかしたら、「男の方が女よりサッパリした性格だ」という一般論が出回ってるせいだと思いますが、実際にそんな爽やかな男はほとんどいないので注意してください。

集団の中や、女性が一人でもいる飲み会では爽やかな紳士な優しいキャラでも、男同士の飲み会になったら、風俗の話や誰々を食ったなどの話をしてくる男はたくさんいます。

なので、やはり、自分が所属しているコミュニティ内での世間体を壊したくないのであれば、同じコミュニティ内の男性に手を出すのはやめた方がよいです。

女性はどこでセフレを探すべきか?

では、女性はどこでセフレを探すのが良いかというと「二人の共通の知り合いが全くいない状況」で出会いを作るのが良いでしょう。

ストレートに言うと、ナンパされればよいのです(あるいは、自分から逆ナンする)。

こういうことを書くと「そんなナンパされるほど美人じゃない」と思われるかもしれませんが、具体的な方法を二種類提案します。

  1. バーなどでリアルナンパされる
  2. 出会い系でネットナンパされる

①バーなどでリアルナンパされる

バーなどでリアルナンパされる

バーでナンパ待ちするというと、お高くとまった高飛車な女のようなイメージもあるかもしれませんが、あなたが今アラサー以降の年齢でしたら使える手段でしょう。

バーなんかには行けないということなら、例えば、銀座コリドー街のようなナンパスポットがある場所を調べて、そこで待機してみるのもよいかと思います。

ただ、このリアルナンパされるのを待つという方法ですが、基本的には容姿が整ってる人しか使えません。

もしあなたが、自分の見た目に自信がなかったり、行動力が弱い人ならば、次に説明する出会い系を活用する方法を推奨します。

②出会い系でネットナンパされる

出会い系でネットナンパされる

今や約40%の人がネットから出会いを作っているという時代です。出会い系を活用しない手はないでしょう。

有名なところだと、

  • PCMAX
  • ハッピーメール
  • ワクワクメール
  • イククル
  • YYC
  • ペアーズ

なんていうものがあります。

しかも、なんと、女性は完全無料で利用できます。

中でももっともオススメできるのがPCMAXです。

PCMAX出会いSNS

  • 会員数700万人超え
  • 総務省へちゃんと届け出を出している
  • 365日の監視体制でセキュリティ万全(変な業者がいない)
  • サイトがマメに更新されている
  • イベントや企画も多数

利用方法としてはとても簡単で、PCMAXに無料登録してからプロフィールを作って待つだけです。

それだけで、まるでお姫様にでもなったかのように男性からアプローチのメールが届きますので、その中から好みの男性を数人選んで、やり取りをすればよいでしょう。

そして「実際に会ってみたいな」と思った人がいたら、直接会ってお茶でもしてみましょう。

そのうえで「この人ならいいかな」と思えたなら、体を許すもよしです。

サイト内では、もちろん待ちの姿勢でいるだけじゃなく、自分から希望条件を決めて検索して、男性にメッセージを送るのもありです。

実際にやってみると、予想以上に簡単に新しい出会いが作れることに驚くと思います。是非とも素敵な男性との出会いを探してみてください。

pcmaxに無料登録

女なら、セフレを選ぶ3つの考え方

女として、どんな男性をセフレに選べばよいか?

せっかくなら、ただヤることだけの関係よりは、何か新鮮さがあったり、面白みがあった方がよいですよね。

そんな点も踏まえ「こんな男をセフレにしてみよう」というお話を少しだけさせていただきます。

①何か一つが特別に優れている男

まず、何か一つのことに優れている男性は面白いと思います。

  • お金持ち
  • 高学歴
  • 超イケメン
  • とにかく若い
  • とにかく渋い

などなど。

せっかく新しい刺激を求めるのですから、性的快楽以外にも楽しめる部分があった方がよいですよね。

②丁寧に要望に応じたセックスをしてくれる男

セックスについては、実際にセックスをしてみるまで分からないことも多いですが、会ってから軽く下ネタトークなどを振ることで確認することもできます。

そういった話の中で、さりげなく自分の要望を出すことも可能です。例えば、

  • 自分本位のセックスをする人は嫌だなぁ
  • 〇〇〇な体位とかヤったことないけどちょっとヤってみたいかも

恥ずかしいと思う女性もいると思いますが、上述したように、二人の共通の知り合いがいない関係において遠慮することはありません。

この記事で先ほど推奨した出会い方をすれば、誰かにバラされて世間体が危うくなるというリスクもなくなりますので、遠慮なくセックスの要望を出していきましょう。

③趣味や話が合う男

もし今あなたに彼氏や旦那がいたとしても、共有できないこともあるでしょう。

だからこそ、セフレには一緒に楽しめるような趣味などがある人を望むのもよいですね。

  • ワインが好き
  • 美術館が好き
  • ライブが好き
  • アニメ・漫画が好き
  • ラーメンが好き
  • スポーツ観戦が好き

人それぞれ趣味があると思いますが、そんな趣味を一緒に共有して楽しめれば、コミュニケーションの濃さも上がり、セックスもより濃厚なものへと進化できます。

出会い系では趣味から検索して相手を探すこともできますので、是非とも話が合う男性を探してみてください。

まとめ

女のセフレの作り方のまとめ

セフレを作ることにチャレンジしてみようという気分になったでしょうか?

日本人女性は外国の女性と比較して、社会的に「性」に対してオープンになってはいけないという空気を強要されています。

女性が露骨に性的なメスの雰囲気を出すと、男からは「ビッチ臭がするなw」と罵られ、女からは「ブスのくせに / BBAうざ」などと陰口を叩かれたりします。

これって「人生を楽しめていない」ということにもつながるので、すごいもったいないことですよね。

でも、時代はどんどん変わってきていて、ネットで自分に合う人との出会いを作るのが当たり前になり、女性がセフレを作る時代にもなってきています。

性欲が強いことや、セックスの快楽に対しての好奇心を持つことは決して恥ずかしいことではありません。

今こそ素敵なセックスライフを楽しむ時です。まずは気軽に試すくらいの気持ちで行動してみましょう!

pcmaxに無料登録