出会い系サイトで「釣り」をする際、同時進行(水平展開)で複数の女にメールを出すのは基本です。

その際、効率を上げていくためには、毎回毎回メールを考えたりしないことです。つまり、テンプレート化してしまうのが大事なんですね。

そのメールの例を挙げますので、参考にするなり、そのままコピペするなりしてしちゃってください。

ファーストメールのテンプレート

ファーストメールテンプレートの例。「映画」をとっかかりにした場合


●●さん

はじめまして!
■■(場所)で■■(仕事)をしている■■です^^
プロフィールを見て、気になったことがあったのでメールしました。

●●さんは映画が好きなんですね!
僕も映画はすごい好きで、最近は●●●●●●を見て、
一人で映画館で泣いてしまいました。

●●さんは、どんな映画が好きですか??
僕は、●●系が好きですけど、だいたいどんなジャンルも見ますよ。
●●さんが最近見た中で何か面白い作品があったら是非教えてくださいね。

あ、あと、プロフィールに▲▲▲って書いてありましたけど、
すごいですね!尊敬します!

●●さんと是非仲良くなりたいので、お返事待ってます^^


ポイント1 必ず相手の名前を「2回以上」入れること

これはもう鉄則です。相手の名前を入れることで、コピペっぽい感じをなくせますし、親近感を出すことができます。出会い系女を攻略する基本中の基本です。

「出だしの部分で相手の名前を入れるのは、まぁ人間的な手紙のマナーというか常識とも言えますが、それだけではなく、文章の途中にも必ず入れておくとよいですね。メール、手紙」というよりも、「実際に話しかけている」というような書き方がよいです。

ポイント2 自分の紹介は短めに

最低限の自己紹介は必要ですが、いきなり自分のことを長々と書くのは厳禁です。初回のメール時では「相手はあなたに興味を持っていない」というのが大前提です。

興味もない人からベラベラとしゃべりかけられても「うぜぇー」ってなりますよね。なので、自己紹介は簡潔にしておきましょう!

それに、メールに限った話ではないですが、自分のことばかり話す人は、男でも女でもモテません。セフレ作りでもこれは基本です。強い自己アピールなんかは厳禁です。

相手の女性は「あなたのことが知り合い!」という心理なのではなく「私のことを分かって欲しい」という心理なんです。

あなたも、たくさんメールを受け取る立場になって考えてみてください。知りもしない異性からアピールをされまくってもウンザリするはずです。そこで次です。

ポイント3 メールを出した理由を必ず書き、「共感」と「質問」を添える

これが一番重要です。

こちらはメールを他の人にも送りまくるわけですし、それに気付いてる女性も多いでしょう。しかし、相手には「あなただけは特別」と思わせる必要があります。

そこで、相手のプロフィール(趣味など)から、とっかかりとなる部分を見つけ、それに対する「共感」と「質問」を加えます。


●●●が好きなんですね!

僕もです

どんな●●●が好きですか?


という流れです。
出会い系のファーストメールで基本のおさえておくポイントは上記の3つでOKです。

女の話を聞いて「共感」と「同意」を行う方法の具体例!!

慣れてくると、自分なりのテンプレートができあがってくると思いますので、手ごたえや相手の反応(返信率など)を見つつ、数パターン用意し、相手のタイプによって送る雛形を変えるくらいになると、もうセフレの作り方もマスタークラスです。

出会い系メールにおけるありがちな4つの質問

一人称は「僕」「私」「俺」のどれがいい?

これについて、特に正解というものはありませません。「私」ではちょっと仕事っぽくて堅っ苦しいので、「僕」か「俺」が良いでしょう。

相手の年齢や趣味など、プロフィールを見たうえで、ちょっと真面目そうなタイプだなと判断するなら「僕」、ちょっとノリが良い系だなと思うなら「俺」でいいと思います。

どちらにしても、そこまで深く気にしなくてもOKです。「僕」から入っていって途中から「俺」に変えていくのももちろんOKです。

相手の名前につける敬称は「さん」「ちゃん」どっちがいい?

これも同じで、どちらでもOKです。相手が若ければ「ちゃん」、アラサーくらい以上なら「さん」とかの基準でよいでしょう。もちろん絶対ではありません。

これからメールのやり取りをするあなたのキャラにもよるので、それに応じて呼びやすいようにするのが一番だと思います。

敬語にするべき?

敬語というか、堅すぎるのはNGなので、くだけた丁寧語みたいな感じでOKです。仕事のメールではないので、いきなりタメ口でも問題はありません。

顔文字は使うべき?

顔文字については、あまりマニアックなものでないことと、使いすぎないように気をつければOKです。全ての文末に顔文字をつけるなどは使いすぎです。

最初の自己紹介と、最後あたりに笑顔っぽい顔文字を軽く入れるくらいがちょうどよいと思います^^

まとめ

ウダウダと書きましたが、とにかく何度も書いてますが、一人に送るファーストメールに時間をかけないでください。相手の女だって色々な男と同時進行でメールのやり取りをしてるんです。

どんなに悩んでメールを作ったところで、返信がないことなんてたくさんあります。だから、一人に時間や労力を割くのは本当に無駄です。

「この子いいかな」くらいに思ったら、もう深く考えずにどんどんメールを出してしまいましょう!セフレは量産してこそ意味があります。

1日15分の出会い系サイトでセフレの作り方を極める – セフレペスカ