出会い系サイトを使ってセフレの作り方を覚えていくうえで、サクラや業者とのメールのやり取りを避けるというのは基本です。あたりまえですね。。

せっかくやり取りをしていても、相手が出会いを目的としていない女性だったらば、その時間も無駄になってしまいます。

では、忌むべきサクラや業者を避けるにはどのような点に注意すればよいのか?

出会い系サイトのサクラ・業者を見分ける

出会い系サイトのサクラや業者を見分ける3ポイント

1.何故かエロモード全開

いつからここはアメリカになったんですか?ってくらい性に対して解放的なことをプロフィールに書いていたりする女は、サクラか業者とみなしていいでしょう。

サクラや業者じゃなかったとしても、サポ(援助)希望の女の可能性もありますが、どちらにしても引っ掛かってはいけません。

ある程度出会い系を利用してる人なら分かると思いますが、普通の日本人女性は、露骨なエロアピールなんてしませんからね。恥じらいの文化を舐めてはいけません。

一般的な日本人女性は、サイト内で性的なアピールなんてせずに、

  • 休日は友達とランチに行ったり、カフェ巡りをしてます
  • 趣味は映画と音楽鑑賞です

というような、当たり障りのないことを書いてることが多いです。

ちなみにこれは、実際にそんなことをしてるというわけではなく、日本独自の「同調圧力」によって、そんな感じに書かなければならないような空気があるためです。

もちろんですが、全員に当てはまることはありません。上記はただの例です。

2.プロフィール画像が可愛いすぎて設定も完璧

プロフィールの画像が異常なほど可愛いのも注意ですね。

ただ可愛いだけなら問題ないんですが、トップアイドル級だったり、まるでどっかのAV女優みたいに、エロエロしい美人さんだったら、ちょっと警戒してみましょう。

それほどの美人の場合で、さらに、プロフィールがあまりにも完璧すぎる場合は、サクラか業者の可能性はあります。スルーでOKです。

ただ、普通の出会い系利用者の女で可愛い子はたくさんいるので、プロフィール(自己評価)をチェックして、完璧すぎなければ一般の利用者と判断してもよいと思います。

3.こちらの質問に対する返答がない。あるいは、はぐらかす

女とメールのやり取りを開始したとして、こちらの質問を毎回毎回スルーして自分勝手な話を進めてきたり、はぐらかしたりするのは、少しあやしいかもしれません。

といっても、一般の利用者でもこっちの質問を無視してくる女もいます。

なので、明らかに答え易い質問のメールをしているのにもかかわらず、毎回毎回スルーしてくるような女は捨てておきましょう。そんな女はリアルに連れ出すのも難しいですし。

もしもメールのやり取りをしていて、「もしかしてサクラかな?」と疑惑が浮かんだら、そのまま捨てるのもなんなので、直メやLINE IDの交換を要望してみるのも良いです。

それでOKをもらえる場合もありますし、ダメだったらバッサリ切り捨てればいいだけです。

まとめ

出会い系のサクラや業者を見抜くのは、ある程度の慣れが必要かもしれませんが、ある程度利用していけば感覚的に分かってくると思います。

あとは、「お、コイツ、性格も顔も好みだ!」なんて思った時も注意が必要かもしれませんね。一般的な男性が求める理想の女性像みたいなものを、サクラや業者は演じてくる傾向があります。

セフレを作るうえで、無駄な時間の浪費は避けたいので、勘的に「あ、コイツなんか胡散くせーな」と感じたら、無視して別の女に当たっていくのが良いでしょう。

心配しなくても、女はたくさんいますから。

1日15分の出会い系サイトでセフレの作り方を極める – セフレペスカ