定期的にツイッターやはてブの記事などで、女性がわの主張として、

  • 「男はおごって当然」
  • 「割り勘とか有り得ない」

という内容を見かけますが、当サイトの読者が搾取されるだけの最底辺な男にならないよう、留意点を記させていただきます。

男に貢がされたお金で、女は本命の男に貢ぐ

「おごって当然」の主張の根拠はおかしい

女性側の「男が支払って当然」という主張の根拠としては、下記のようなものが挙げられます。

  • 女は服に金がかかる
  • 女は化粧に金がかかる
  • 女はネイルに金がかかる
  • 女は○○○に金がかかる

つまり「ファッション関連で男性より金がかかるから男が払って当然」という馬鹿すぎる主張ですね。これは別に男側が求めていることではないので、勝手に女側がお金をつかっているだけです。

例えるならば、もらっても嬉しくないプレゼントをもらって、お金を請求されてるようなものです。

それに、常に最新のファッションに身を包んでるような女を好む男はほとんどいませんよね。男が求めてるのは「素材」の良い女であって、化粧が上手な女ではありません。

さらに言うと「女は○○○に金がかかるから」という理屈には、想像力の低さを露呈してるアホらしさがあります。

男側のお金がかかることが完全に無視されています。「あたしだけが苦しい」って言われてるようなものです。

おごられた女が取っている行動を知る

最初に書いておくと、女におごってるだけの男は人間関係における底辺です。搾取される側の無能です。

情報業界で言うところの「情弱」と同じです。ねずみ講などのビジネスにおける最下層の存在です。

あなたが女に食事や酒をおごると、どうなるのかというと、

  1. あなたが女におごる(ヤれない)
  2. 女はおごってもらえた分だけ金が浮く
  3. その金でファッションを整える
  4. そのファッションで別の男(本命)とデートする

男に貢がされたお金で、女は本命の男に貢ぐ

間接的に、男が男に貢いでる状態と言える

これはどういうことかというと、もう間接的には、「女の本命の男」にお金を払ってるのと同じです。

しかも、女にお金を浮かせるだけじゃなく、「モテる女である」という承認欲求を満たしたり、自信をつけてあげたりもしちゃってます。

一方であなたは、貯金を減らして自己満足しただけです。オイシイ部分は何も味わえていません。

SEXさせてくれない女(彼女)の3つ心理と2つの対処法!

悔しくないですか?デートは慈善事業じゃないんですよ。そんな無駄なことをしていたら、いつまで経ってもセフレを増やすことはできません。

発想を逆にしましょう。「俺の子供を別の男に育てさせる」くらいの姿勢が必要です。

セックスという目的を見失うな

最終目的を見失ってはいけません。男としての最終目的は言うまでもなくセックスであり、セフレのストックを増やしていくことです。

そのために「女を気分よくさせる」という過程を踏むことは大事ですが、それは過程であって目的ではありません。

「美味しい食事をごちそうして、彼女が楽しそうに笑ってくれて満足」

そんなキレイゴトをほざいてる場合じゃないですよ。それでは永遠に搾取される系男子のままです。

何回目のデートでエッチするのが普通?時間を無駄にしないために

見栄を張ったり、かっこつける必要はない

そうはいっても、

  • 「あいつケチだった」と陰口を言われたくないから
  • 貧乏人だと思われたくないから
  • かっこいいところ見せたいから

というような心理から、ついおごってしまう気持ちも分かります。

ただ、そこで考えて欲しいことは、見栄を張る必要はないということです。上記の心理による「おごり」は完全に見栄を張ってるだけです。

「女にとって都合の良い世界にするための理不尽なルール」に負けてしまっているということです。

いわば、女側の思うつぼなんです。

実際、見栄だろうが、かっこつけだろうが、体を許す気もないのにおごってもらった女は「ラッキー」程度にしか思っていません。

おごった方が良いたった1つのケース

さんざん「おごらないでいい」ということを書いてきましたが、おごった方が良いケースももちろんあります。

それは「ヤれそうな手ごたえがある時」です。

明確な女性側のサインを100%の精度で見極めるのは難しいですが、この辺は感覚で判断するしかないでしょう。

雰囲気がそこそこ良い感じになっていて「今日はこのままヤれそう」という直観があるのであれば、スマートに会計を済ませてしまった方が勢いはつきます。

相手がセックスOKという心理だったのに、少しでも女性からお金をもらおうものなら、そのセックスOKの気持ちが冷めてしまう恐れもあります。

仮にその日にセックスにありつけなかったとしても、「セックスのため」という明確な目的の元に支払いをしたのであれば、オスとして合格です。

冷静に合理的な判断をしたうえで失敗をしたのなら良いのです。

確実に言えることは「ヤれそうにない女におごっても完全に無駄」ということです。

サシ飲み以外でおごるのは全て無駄

BBA-ブス-デブ-おごるのは無駄

「男3人女2人」とか、そういう友達っぽいノリで遊んでておごるのは完全に無駄だからやめましょう。

こういう時、その日にヤれる可能性はほぼ限りなくゼロに近いはずです。

かっこつけて「女の子は(払わないで)いいよー。男は一人10000円ねー」とか言い出して積極的に仕切ろうとする男もいますが、その男はアホです。

それこそ無駄な見栄です。そんなことはポイントアップにつながりません。

その場だけの「ごちそうさま」という言葉がもらえるだけで、それには何の意味もありません。相手の女性陣はもちろん恩なんて1ミリも感じていません。

男側がかっこつけたばっかりに、完全に無駄にお金を消費してしまっただけです。

私が「合コン」や「オフ会」のように「複数で遊ぶこと」よりも「出会い系」を推奨する大きな理由もこれです。

合コンの場合、最初3:3とかで飲んで、会計は男が全おごりか、あるいは男が多めに払うかになりますよね。

これが無駄なのは上述したとおりです。

おごるというのは、繰り返しますが「ヤれそうな女」に対してのみです。それはサシで会ってる時以外には基本的に有り得ません。

そして、出会い系からの出会いというのは、最初っからサシの状態で会えます。ここが一番の魅力です。

「大人数で会う」とか「グループ的に遊ぶ」という無駄な工程をすっ飛ばせるんですね。

また、二人を知ってる共通の友人がいないため、世間体を気にする必要がなく、セックスまでの敷居が有り得ないほど低くなります。

何故出会い系は簡単にヤれる女が多いのか?

まとめ

スマートな投資を心がけてください。スマートな投資というのは「無駄投資を減らすこと」とも言い換えることができます。

これは、お金に限った話ではなく、時間などに対しても同じことが言えます。

要するに、ヤれそうにない女にお金や時間を費やすのはやめましょうということですね。

1日15分の出会い系サイトでセフレの作り方を極める – セフレペスカ