近年、出会いと言えば、SNSなどのソーシャル系のサービスも思い浮かびそうですが、セフレの作り方、という点では、あまりオススメできません。

基本、リアルの友達が多く存在するFacebookなどでは「よくないこと」をしてると、仲間内に知れ渡る可能性もかなり高いですし、それ以上に効率が悪いというものがあります。

sns

出会い厨は排除されていく

例えば、

  • mixi
  • facebook
  • Instagram
  • Gree
  • モバゲー
  • Twitter
  • Skype
  • アメーバピグ関連

厳密にはちょっとSNSじゃないものも混じってると思いますが、基本は同じです。

⇒アメーバピグでセフレを作るのは効率が悪いし疲れます

これらのサービスを使って、「出会い」を作ること自体は可能ですが、露骨に「出会う」ことを目的として活動すると、「出会い厨」というレッテルを貼られ、その噂は、あなたが所属してるコミュニティ(人間関係のグループ)に確実に広まります。facebookやmixiなんかは特に危険ですね。

そうなると、すでに存在する貴重な人間関係さえも危うくなってきますので、出会ってセフレ化するという点において、SNSはあまりオススメできません。リアル女性の友達が全滅するリスクもあります。

もしかしたら「専用のアカウントを作って活動すればいいんじゃない?」って思うかもしれませんが、、、

SNS経由でセフレができることはあるが・・・

Twitterなどからの出会いから不倫してる人妻は意外にも多いのですが、それは、意図してそういう関係になる相手を探したのではなく、自然にそうなっているケースがほとんどです。

最初はそのつもりもなくオフ会に参加して、メンバーと飲んだりしてるうちに、特定の人との交流が深まってセックスに至り、セフレになってしまった。

そういった流れは往々にしてありますが、これは、職場や学校で自然にセフレができたのと同じで、狙ってやったことにはなりません。

だったら、最初からそうなる可能性が高いサービスを利用した方がよいと言えるでしょう。

SNSで出会いを探すのは効率が悪い

SNSは、基本的にネット内で完結する人間関係なので、出会いを前提としていません。そのため、出会うためには、それなりのスキルはもちろんのことながら、時間もかかります。

それに比べると、出会い系サイトは「リアルで出会う」ということが大前提にコミュニケーションが行われるので、会おうという目的で堂々と活動していいのです。むしろ、ネット内だけで終わらせてはいけません。

また、集団での出会いからはじまることも多く、そうなると、ある程度人気者キャラになれる人じゃないと不利になります。

女を追いかけさせる3種類の男と、そうさせる1つの考え方と方法

その点、最初からサシで会えるサービスだと、ライバルがいない状況下で関係を深めていくことができるので気楽です。

これは、かなりの時間短縮になります。

  • SNSはネットで完結する人間関係が基本(時間と労力が無駄になりやすい)
  • 出会い系は出会うことが前提(効率が良いし難易度も低い)
  • SNSは集団の出会いからはじまることが基本(人気者にならないと不利)
  • 出会い系はサシで会うことが前提(邪魔がいない)

例えば、facebookで必死に「いいね」をつけて、なんとかコミュニケーションを取る仲になって交流を深めたとしても、いざ会おうという意志を出した時に、相手が「リアルで会うのはちょっと、、、」という場合が普通にあります。

「この子いいかも」とか思って、コメントをつけて、仲良くなって……という地道な方法も取れなくはないですが、出会いが作れなければ意味がないのです。

出会い系サイトの場合は、メールのやり取りを数回繰り返せば、そのまま自動的に「会う」という流れになるので、時間も無駄になりませんし、難易度も低いのです。

SNSでのネットナンパは難易度も高く効率も悪いので、王手の出会いサービスを利用して、どんどんセフレを作っていきましょう!

<関連記事>
⇒セフレを作るための出会い系サイト選びのコツとは?

1日15分の出会い系サイトでセフレの作り方を極める – セフレペスカ